MENU
TOP PAGE

【女性社員の上司必見】教育する為に行う具体的なアクション5選【成長は環境が全てです】

  • URLをコピーしました!

こんにちは。

URNATS(ウルナッツ)です。

URNATS.comにお越しただきましてありがとうございます。

今回は

【女性社員の上司必見】教育する為に行う具体的なアクション5選【成長は環境が全てです】

というお話をします。

■この記事を読むことで学べること。

女性社員の教育の考え方

■この記事を読んで欲しい人。

女性社員を部下にもつ人。

チームに女性社員がいる人

現在管理職、リーダーをしている人。

スポンサーリンク
目次

では早速結論からお伝えします。

  1. ゴール、目標を具体的数値で完全に明確にする
  2. 重要な役割を早めに与える
  3. 何かあれば全て上司が責任をとる姿勢
  4. 長所に適したチーム、仕事に配置
  5. 細かく状況を聴いてあげる

この行動をすることで女性社員が活躍する組織になります。大前提として三大承認欲求の中の一つ存在承認を満たすのは必須です。

女性社員は「何を言われる」より、「誰に言われる」を大切にしております。

三大承認欲求とは以前の記事でございますので、まだご覧になられていな方はそちらもお読みください。

ではそれぞれの中身の説明に参ります。

女性社員を教育する為に行う具体的な行動5選

1:ゴール、目標を具体的数値で完全に明確にする

ゴール、目標を具体的通知で完全に明確にすることが何よりも大切です。

それは数値でゴール、目標を示すことです。

そしてその理由までを伝えることが大切です。

何故大切なのか?

それは女性社員の多くは自分で数値目標を決めることが最初は苦手な社員が多いです。女性は保守的です。

しかしゴールが具体的に完全に明確だとその目標を達成するために尽力できるのが女性社員の強みです。そして女性は責任感が強い方が多いです。

要は自分で決めれないだけで、一度成功体験を得ると次回からは数値目標を自分で決めれる様になります。

部下の立場に立って考えてみましょう。

悪い例
  1. 〇〇の取り組みをお願いします。
  2. あの子の教育指導をお願い。
良い例
  1. 〇〇の取り組みを目標値〇〇で頼みます。
  2. 後輩教育指導をな3ヶ月までにこの内容を克服するサポートでお願いします。

悪い例だと女性社員の本当のモチベーションを引き出せないでしょう。

しかし良い例だと与えられた目標に対して尽力します。

明日からの具体的なアクションプラン

女性社員の目標を決める時は具体的数値で完全に明確にしましょう。

2:重要な役割を早めに与える

重要な役割とはリーダーや責任感のある仕事のことです。女性は役割を与えるとその役割にふさわしいアクションをしようと尽力します。

結果最初は苦戦しても将来的に素晴らしく成長します。だから重要な役割を早めに与えることが大切です。

何故大切なのか?

良くある考えだと、経験、ノウハウが育ってから重要な役割を与える方が多いと思います。

それでは時代遅れです。女性は仕事内容でグングン成長していきます。

重要な仕事を任せる環境は上司にかかっています。

その上司が仕事を任せることができないのであれば、女性社員の成長スピードは遅いままです。

仕事スタンスが素晴らしい社員であればすぐにでもリーダーを任せる。モチベーションが低い女性社員には責任感のある仕事を早めに任せる。

要は任せることが非常に大切です。

部下の立場に立って考えてみましょう。

悪い例

年功序列の影響で責任感のある仕事がなかなか回ってこない

良い例

入社2年目でプロダクトリーダーを任せられたことがある社員

いかがでしょう。

この境遇の差で女性社員の5年後の姿は全然違う結果になるでしょう。

明日からの具体的なアクションプラン

女性社員に通常よりも早めに責任感のある役割、仕事を任せてみましょう。

3:何かあれば全て上司が責任をとる姿勢

男性上司の役割は何かあれば全ての責任を一任する姿勢です。そのパフォーマンスだけで女性社員は思い切って仕事に全うすることができます。

何故大切なのか?

女性社員の多くは責任が重荷になりリスクから避けます。

チャンレンジしたくても「失敗したらどうしよう。。」と言うリスクを怯え本当にやりたい事を思いきれません。上司の役割は何かあったとき責任を取れること、部下が成長できる環境づくりです。

女性社員の思いを体現するには上司のサポートは必須です。

部下の立場に立って考えてみましょう。

悪い例

女性社員に責任も何もかも任せっきりにする

良い例

女性社員のやりたいことを承認し、何かあったときは自分が責任を取る姿勢を示す。

いかがですか?女性社員の思いを体現できる環境が揃うはずです。

明日からの具体的なアクションプラン

女性社員の思いを体現し、責任は上司が取るスタンス。思い切って働くことができる環境を作りましょう。

4:長所に適したチーム、仕事に配置

女性社員の長所をコミュニケーションから判断し、適した仕事に配置する。

何故大切なのか?

女性はジェネラリストではありません。得意不得意があります。

そして女性社員の多くは最初自信がないことが多いです。

長所を生かした仕事で楽しく働き、結果を出すことで自信がついてきます。自分に自信がつくことで次の仕事へのチャレンジ精神が養われます。だから長所に適したチーム、仕事に配置することが大切です。

部下の立場に立って考えてみましょう。

悪い例

最初自分の不得意な分野を克服する様にと伝えられ、結果が出ない為さらに自信がなくなる。

良い例

自分の長所を理解してくれ、適した仕事に配置してくれる。

いかがですか、自信とは成功体験からした得れないものです。

明日からの具体的なアクションプラン

女性社員の長所を見つけ、長所がさらに伸ばせる仕事に配置しましょう。まだ若いから早いとかの固定観念はすぐに捨てましょう。

5:細かく状況を聴く

うまくいってるとき、苦戦しているとき、どんな状況でも細かく状況確認を聞きましょう。

何故大切なのか?

女性社員は常に不安です。うまくいっていても承認が欲しいのです。

上司から「いい感じで推移してるけど、何か困っていることない?」「何かサポートできることあるかな?」などの気配りは必須です。

どんな状況でも声をかけ、話を聴きましょう。

部下の立場に立って考えてみましょう。

悪い例
  1. 仕事を任せてもらえた最初のみコミュニケーションをとり、あとは放置してしまう。
良い例
  1. どんな状況でも自分自身を気にかけてくれている。
  2. 良い時はもっと良くなるための声掛け、悪い時は悩みを聴いてくれる

いかがですか?

良い例の方が自分自身の仕事に関心を置いてくれることで安心してパフォーマンスを発揮することができます。

明日からの具体的なアクションプラン

どんな状況でも課題に貢献してくれる社員にお声がけすることです。

最後に

今回は

【女性社員の上司必見】教育する為に行う具体的なアクション5選【成長は環境が全てです】

をご紹介しました。

まとめと復習です

  1. ゴール、目標を具体的数値で完全に明確にする・・・必ず数字を絡めて目標とゴールを設定しましょう。
  2. 重要な役割を早めに与える・・・能力、やる気、意欲がある女性社員は早めに重要な役割を任せましょう。
  3. 何かあれば全て上司が責任をとる姿勢・・・部下のミスは上司の責任、部下の成果は部下の成果。上司の仕事は意思決定と責任を取ることです。
  4. 長所に適したチーム、仕事に配置・・・女性社員の長所を見つけ出し、その社員にあった仕事をあてがいましょう。
  5. 細かく状況を聴いてあげる・・・良い時も悪い時も結果に注目せずに細かく状況確認と行動のプロセスに注目しましょう。

皆様は日頃から行動できてますでしょうか。

会社の成長、上司の目標達成は部下の行動にかかっております。明日から部下の教育に尽力しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる